一覧へ戻る

あんなに愛しあったのに~中房総小湊鐵道篇

作 家 名 指輪ホテル
開 催 日
2014年3月21日[金・祝]、3月22日[土]、3月23日[日]、3月29日[土]、3月30日[日]、4月5日[土]、4月6日[日]、4月12日[土]、4月13日[日]、4月19日[土]、4月20日[日]、4月26日[土]、4月27日[日]、4月29日[火・祝]、5月3日[土]、5月4日[日]、5月5日[月・祝]、5月6日[火・祝]、5月10日[土]、5月11日[日]
時  間
11:45受付開始予定・12:30受付終了(上総牛久駅)|12:39開演(上総牛久駅発車)|13:40終演予定(上総大久保駅着)14:10上総牛久駅着予定
※お時間には余裕を持って上総牛久駅にお越しください。発車予定時刻にお客様がご乗車されていない場合でも発車・開演させていただきます。その場合の払い戻しなどは一切いたしません。
地  域 広域
会  場
小湊鐵道・上総牛久駅発車 上演時乗車区間:上総牛久駅〜上総大久保駅(養老渓谷駅折り返し)
※上演後、上総大久保駅〜上総牛久駅まで各駅に停車し、お好きな駅で降車していただけます。
料  金
一般:2000円 小中生:1000円 ※本公演は「観劇チケット」の他に「作品鑑賞パスポート」と、当日有効な「交通周遊パスポート」が別途必要です。
定  員 100名
申し込み 観劇チケット販売ページ

=内容=
春のお彼岸、桜の満開、早苗田植えの季節とともに、小湊鐵道の進むに従い、明るい真昼の列車内、車窓ひろがる遠大なランドスケープに誘われ、乗車観客方々へ、いかなる迷惑を及ぼすやも計り難い。しかし、あくまで演劇として、春の嵐の訪れとして、菜の花の見ている夢として、これを許されろ。

戯曲・演出=羊屋白玉|出演=秋元千太、石原夏実、稲毛礼子、坂田有妃子、酒巻舞桜、清水さと、白井剛、スカンク/SKANK、高杉ヒロミ、角田真奈美、仲坪由紀子、原キョウコ、羊屋白玉、松本崇史、松本拓也、山田あさこ(よしもとクリエイティヴ・エージェンシー)、市原市の皆さん|音楽=スカンク/SKANK|美術=のぎすみこ(野木寿見子)|衣装=飯島まゆみ|舞台監督=糸山義則|制作=糸山裕子、王丸あすか|演出助手=羽鳥嘉郎

=チケット情報=
前売券=公式ウェブサイト、いちはらアート×ミックス実行委員会事務局、
市原湖畔美術館にて2/15から販売。
上総牛久駅前案内所にて3/21から販売。
当日券=上総牛久駅前案内所、小湊鐵道五井駅構内案内所にて販売
※未就学児無料

=お問い合わせ=
中房総国際芸術祭 いちはらアート×ミックス実行委員会
電話 0436-50-1160
e-mail: kokugei@city.ichihara.chiba.jp

SOCIAL

イベント一覧へ戻る