作家・作品

市原湖畔美術館企画展

 新コロナウィルスのパンデミックは、地球に生きる77億人が、同じ“今”を生きるという稀有な経験を私たちにもたらし、私たち人類が同じひとつの惑星に生きている運命共同体であるということ、私たちが生きるすべての場所が世界とつながっているという事実を実感させました。
 2020年6月15日にスタートした「Artsits’ Breath」は、多くの芸術祭、展覧会、イベントが延期または中止となる中、アーティストはどう生活し、何を考えているのか、その生の息吹を伝えようと毎日更新されたインスタグラム・プロジェクトです。市原湖畔美術館では、コロナ禍の中を生きる、生命の海でつながった世界の約200組のアーティストによる表現を一堂に展観。77億人が今、同時に生き、異なった考えをもって生きていることを体感する場を創出します。

展示作品

Artists’Breath―コロナ禍の中、アーティストはいま

出展アーティスト:いちはらアート×ミックス、大地の芸術祭、北アルプス国際芸術祭、奥能登国際芸術祭、瀬戸内国際芸術祭参加アーティスト
映像インスタレーション:高橋啓祐 
二十四節気の仮面制作:株式会社 Office Toyofuku
協力:文化庁  

作品番号 TT-1
展示会場 市原湖畔美術館
個別鑑賞料 800円(市原湖畔美術館共通)