アート×ミックス2017


晴れたら市原、行こう!

2017年4月8日(土)から5月14日(日)までの37日間、「いちはらアート×ミックス2017」を開催します。

【開催概要】
名称:いちはらアート×ミックス2017
会期:2017年4月8日(土)から5月14日(日)までの37日間
会場:千葉県市原市南部地域[小湊鉄道上総牛久駅から養老渓谷駅一帯]
IAAES[旧里見小学校]、月出工舎[旧月出小学校]、内田未来楽校[旧内田小学校]、市原湖畔美術館、森ラジオ ステーション、クオードの森、旧白鳥小学校、白鳥公民館、アートハウスあそうばらの谷 他
主催:いちはらアート× ミックス実行委員会[会長 小出譲治(市原市長)]

市原は、東京や横浜などの首都圏から程近い千葉県のほぼ中央に位置する人口28万人の市です。

昭和32年から始まった臨海部への企業進出により、かつての農村漁村は工業地区に変わり、北部地域では、首都圏で働く人々のベットタウンとして人口急増が進んだ一方、里山や緑豊かな自然が残る南部地域では、過疎高齢化が急速に進んでいます。このような日本の縮図ともいえる発展をしてきた市原では、首都圏の都市が同様に抱えている多くの問題が顕在化しています。

「いちはらアート×ミックス」は、美術が持つ地域資源を顕在化する働き、多様な層の人々の協働を促す力を活かしながら、市南部地域を活性化させるために2014年にスタートしました。
そして、2017年春、地域の活力を維持・発展させることで、南部から市全体への活性化に繋げ、地域振興へと波及させていくことを目指して、第2回となる「いちはらアート×ミックス2017」を開催します。

廃校の活用

2013 年春、南市原では4 つの小学校が閉校しました。「いちはらアート× ミックス」では、この学校を活用したアートプロジェクトを実施することにより、新たな地域のプラットホームを創出し、文化的活動を通じたまちづくりを始めます。

小湊鐵道・乗物の活用

市原市を南北に走る「小湊鐵道」。「いちはらアート× ミックス」では、多くの人に愛されているこの小湊鐵道の駅舎や車両を最大限に活用します。他にも、様々な乗物が面白く変化し、他では決してない“体験” を味わうことができます。

豊かな自然と食

食はその土地に固有のものであり、地域と外来者をもっとも深くつなげるものです。「いちはらアート× ミックス」では、都会で体験できない自然とのふれあいや農作業を体験し、市原へ通いたいと思えるプログラムを用意します。

アーティストの長期的な活動や異業種からの多様な人々の参加

「いちはらアート× ミックス」の中核を担うのは、40 歳前後の一線アーティストたちです。それらのアーティストたちが考え、継続し長期的に市原に関わり、ものづくりにとどまらないソフトづくりを進めます。

小湊鐵道の車体を象徴する赤い帯。

中房総の自然の風景に映える『小湊ファイヤーオレンジ』と名付けられたその色と形を元に制作されたロゴマークです。

プレート状の赤い帯を背景にして様々な情報やメッセージを展開することで、開催エリア全体に明快なつながりをつくりながら、芸術祭の空間を創出していきます。

作品・アーティスト

アーティスト名
作品タイトル

上総牛久・内田エリア

キジマ真紀
蝶々と内田のものがたり

エリア/上総牛久・内田エリア
作品No./内田-1
作品設置場所/内田未来楽校
出身国・在住国/日本
制作年/2017(新作)
状態/制作中

お茶をしながら蝶々を作るワークショップ「刺繍カフェ てふてふ」を定期的に開催中。制作した蝶々を会場に展示する。

内田未来カフェ

エリア/上総牛久・内田エリア
作品設置場所/内田未来楽校
出身国・在住国/日本
営業日時/10:00~17:00/芸術祭期間中無休

旧内田小学校の木造校舎を改装した飲食空間。コーヒーや軽食を楽しめる手づくり感いっぱいの「くつろぎの場」。校舎の保存活用と地域の交流拠点や活性化を目的に2013年に立ち上げられた「報徳の会」が運営する。

高滝エリア

豊福亮
イチマル

エリア/高滝エリア
作品No./高滝-1
作品設置場所/市原湖畔美術館
出身国・在住国/日本
制作年/2017(新作)
状態/制作中

高滝湖の湖畔にカラフルな小屋を作ってマルシェを開催。会期中はワークショップも計画中。

かこさとし
小湊鐵道100歳企画 里山絵本展

エリア/高滝エリア
作品No./高滝-2
作品設置場所/市原湖畔美術館
出身国・在住国/日本
制作年/2017(新作)
状態/制作中

小湊鐵道創業100周年事業との連携企画。
絵本作家であるかこ氏による絵と「コトバ」で「ミライ」につなぐ展覧会。

KOSUGE1-16
Heigh-Ho

エリア/高滝エリア
作品No./高滝-3
作品設置場所/市原湖畔美術館
出身国・在住国/日本
制作年/2013(既存作品)
状態/公開中

エントランスに木のように生え、美術館のシンボルともいえる作品。酸素と二酸化炭素を交換する「肺胞」をモチーフとした木は、ゆったりと深呼吸をしてリフレッシュしようと来館者に呼びかけるかのようだ。夜間は、呼吸するように明滅するライトアップも楽しめる。
素材:アルミ、ステンレス、鉄

KOSUGE1-16
Toy Soldier

エリア/高滝エリア
作品No./高滝-4
作品設置場所/市原湖畔美術館
出身国・在住国/日本
制作年/2013(既存作品)
状態/公開中

美術館の監視員を務めるおもちゃの兵隊。人がいるときはピシッと立って監視しているが、実は怠け癖があり、人目を盗んでは膝を曲げて休んでいる。センサーで人を感知するので、怠けている姿を一目見ようと身を潜めて待機する来館者も。美術館のマスコット的存在。
素材:木、樹脂、駆動装置、センサー、塗料 常設作品

クワクボリョウタ
Lost Windows

エリア/高滝エリア
作品No./高滝-5
作品設置場所/市原湖畔美術館
出身国・在住国/日本
制作年/2013(既存作品)
状態/公開中

光と影を用いて、影絵がアニメーションのように動く、アナログ版プロジェクション・マッピング作品。地下 ホールの壁面いっぱいに窓枠が投影され、光がつくりだす木立の影が角度によって大きさを変えながらゆっくりとまわる。鑑賞者は窓枠ごしに、木々のゆらめく外の風景を眺める。半屋外のスペースなので、屋外の音を聞きながら楽しむことができる。
素材:鉄、アクリル、モーター、LED、竹

アコンチ・スタジオ
Museum-Stairs/Roof of Needles & Pins

エリア/高滝エリア
作品No./高滝-6
作品設置場所/市原湖畔美術館
出身国・在住国/米国
制作年/2013(既存作品)
状態/公開中

手を触れて、身体で楽しむことができる建築と一体化したアートワーク。階段から屋上にかけて約700本のチューブ–針とピン–が林立し、来訪者はそのあいだをかき分け、作品と触れ合いながら歩く。針とピンの林をぬけると、屋上から美術館を囲む湖や里山の風景を一望できる。
素材:ポリカーボネート・チューブ、ミラーフィルム、ステンレス棒、照明ほか

木村崇人
星ぶどう

エリア/高滝エリア
作品No./高滝-7
作品設置場所/市原湖畔美術館
出身国・在住国/日本
制作年/2013(既存作品)
状態/公開中

木々の隙間に現れる木漏れ日が丸く映るのは、太陽が丸いから。「地球と遊ぶ」をテーマに作品を手がけてきた作家は、自然が生み出すこもれびの形に着目して美術館敷地内のレストランテラスに育つぶどう棚に星の形の照明を設置。日没後、照明に照らされたぶどう棚が地面に降らせる星の木漏れ日を楽しめる。《星ぶどう》をすくって遊ぼう。
素材:ぶどう、照明

栗田宏武
出会い

エリア/高滝エリア
作品No./高滝-8
作品設置場所/やもかのなかま
出身国・在住国/日本
制作年/2014(既存作品)
状態/公開中

作家はチェーンソーを駆使して、農園づくりのために伐採された木々に新たな命を吹き込んだ。農園の奥に残された立木はトーテムポールとなり、端材はベンチや看板となった。
素材:立木

いちはらアート×ミックス2017 美術館連動企画展
カールステン・ニコライ:Parallax パララックス

エリア/高滝エリア
作品No./連動企画展
作品設置場所/市原湖畔美術館
出身国・在住国/ドイツ
制作年/2017(新作)
状態/制作中

展示空間にあわせて構成される映像と音のインスタレーションなど、日本初公開となる作品も展示予定。
会期:3月18日(土)~5月14日(日)
鑑賞料:1,000円(鑑賞パスポート提示で500円)

里見・飯給エリア

ハイボール・ガーデン

エリア/里見・飯給エリア
作品No./里見-1E
作品設置場所/里見駅
出身国・在住国/日本
制作年/2011制作(再展示)
状態/準備中

いちはらアート×ミックスの前身、「いちはらアート漫遊」で開催した「ハイボール・ガーデン」が復活。
里見駅で活動する地域団体(喜動房倶楽部)が駅喫茶を営業する土日祝の14時30分~17時の間で開催する。

藤本壮介
Toilet in Nature

エリア/里見・飯給エリア
作品No./里見-2
作品設置場所/飯給駅
出身国・在住国/日本
制作年/2012(既存作品)
状態/公開中


木々や草花の生い茂る約200㎡の中に、ガラスボックスのトイレを配置。作家は大勢の写真家が訪れる駅の、美しい里山ならではの公共とプライベート、自然と建築、内部と外部が溶け合った公衆トイレを考案した。
素材:鉄、木、ガラスほか

開発好明
里見100人教頭学校 キョンキョン

エリア/里見・飯給エリア
作品No./里見-3E
作品設置場所/IAAES[旧里見小学校]
出身国・在住国/日本
制作年/2017(新作)
状態/制作中

芸術祭会期中、旧里見小学校にて、市原の歴史、自然、アート、食、音楽、体育、娯楽など様々なジャンルにおける専門の方々が、教頭先生として授業を行う。このプロジェクトが、新しい出会いや発見のきっかけとなり、地域に根ざした活動に発展していくことを目指している。

開発好明
モグラハウス

エリア/里見・飯給エリア
作品No./里見-4
作品設置場所/IAAES[旧里見小学校]
出身国・在住国/日本
制作年/2017(新作)
状態/制作中

モグラに扮した作家によるパフォーマンス。一坪程度の小さなモグラハウスを住処とし、自給自足している姿を観察できる。

世界土協会 World Dirt Association
Dirt Restaurant -土のレストラン-

エリア/里見・飯給エリア
作品No./里見-5
作品設置場所/IAAES[旧里見小学校]
出身国・在住国/日本
制作年/2017(新作)
状態/制作中

土を見たり嗅いだりすることで新たな”土”を体験する。

小沢敦志
地熱の扉 制作スタジオ

エリア/里見・飯給エリア
作品No./里見-6
作品設置場所/IAAES[旧里見小学校]
出身国・在住国/日本
制作年/2014(既存作品)
状態/芸術祭期間中のみ公開

作家の市原における工房。会期中は、5種類のワークショップをこの場で開催する。

吉田和司
吉田事物屋/事物屋博物館

エリア/里見・飯給エリア
作品No./里見-7
作品設置場所/IAAES[旧里見小学校]
出身国・在住国/日本
制作年/2017(新作)
状態/制作中

いらなくなったものを分解・解体した不思議な事物を展示する。

豊福亮
美術室

エリア/里見・飯給エリア
作品No./里見-8
作品設置場所/IAAES[旧里見小学校]
出身国・在住国/日本
制作年/2014(既存作品)
状態/芸術祭期間中のみ公開

20世紀後半の美術史家であるE.H.ゴンブリッジの著書「美術の物語」に登場する世界の名画の模写で埋め尽くされた教室。表面の色彩を追うだけでは成立しない、想像力と技術を要する油絵の模写は、制作過程も含めて美術教育の一環である。
素材:キャンバスに油彩、アクリル、額

角文平
養老山水図

エリア/里見・飯給エリア
作品No./里見-9
作品設置場所/IAAES[旧里見小学校]
出身国・在住国/日本
制作年/2014~2017(新作)
状態/制作中

教室のなかで机を並べて、市原市全土の地形を彫刻として浮かび上がらせる作品。

渡辺泰子
Dear outside

エリア/里見・飯給エリア
作品No./里見-10
作品設置場所/IAAES[旧里見小学校]
出身国・在住国/日本
制作年/2017(新作)
状態/制作中

羊毛フェルトにイメージを刺し込んだインスタレーション作品。

レオニート・チシコフ
種田山頭火の月、ウィリアム・ブレイクの月ほか

エリア/里見・飯給エリア
作品No./里見-11
作品設置場所/IAAES[旧里見小学校]
出身国・在住国/ロシア
制作年/2017(新作)
状態/制作中

月の光の持つ詩的なイメージを作品化するプロジェクト。前回のアート×ミックスでは、「デ・キリコの月」、「ロルカの月」「芭蕉の月」を制作。既存作に加え、「種田山頭火の月」「ウィリアム・ブレイクの月」を新しく展示する。

磯崎道佳
ひかりのあな

エリア/里見・飯給エリア
作品No./里見-12
作品設置場所/IAAES[旧里見小学校]
出身国・在住国/日本
制作年/2017(新作)
状態/制作中

小さな穴から見える光を通じて、市原の様子を表現するインスタレーション。

仲田絵美
幻像(仮)

エリア/里見・飯給エリア
作品No./里見-13
作品設置場所/IAAES[旧里見小学校]
出身国・在住国/日本
制作年/2017(新作)
状態/制作中

佐藤史治+原口寛子
星(近視と遠視)

エリア/里見・飯給エリア
作品No./里見-14
作品設置場所/IAAES[旧里見小学校]
出身国・在住国/日本
制作年/2017(新作)
状態/制作中

市原市の夜景を夜空に見立て、動く光を流れ星に見立てた映像インスタレーション作品。

おにぎりのための運動会

エリア/里見・飯給エリア
作品No./里見-15E
作品設置場所/IAAES[旧里見小学校]
出身国・在住国/日本
制作年/2014(既存作品)
状態/準備中

前回の芸術祭やミニイベントでも大人気のこの企画が帰ってきます。
会期中3回実施予定。

地域プロジェクト

エリア/里見・飯給エリア
作品No./里見-16
作品設置場所/IAAES[旧里見小学校]
出身国・在住国/
制作年/2017(新作)
状態/制作中

体育館に市内小学生の絵を展示するほか、能楽体験や星空観察など、地域にまつわる催しを実施。
【現在準備中です】

里山食堂

エリア/里見・飯給エリア
作品設置場所/IAAES[旧里見小学校]
出身国・在住国/日本
営業日時/11:00~16:00(コーヒーは10:00~)/芸術祭期間中無休

地域の食材を使った里山カレー(500円)や里山オムライス(600円)、湧き水でつくられた名水コーヒー(200円)などが定番メニューの食堂。旧里見小学校の卒業生であるシェフ達によって営業。食堂の店内には、メルヘンチックな作風が特徴の市原市在住の洋画家、前田麻里の作品も展示される。

月出エリア

岩間賢
うたつち

エリア/月出エリア
作品No./月出-1
作品設置場所/月出工舎
出身国・在住国/日本
制作年/2017(新作)
状態/制作中
プロフィール/http://www.oh-mame.com/

月出工舎の全体ディレクションを手掛けている作家が、プールに野外彫刻作品をつくる。
また、4月28日、29日、30日には野外舞踏公演「ばけのかわ」の劇場として展開される。

岡博美
たゆたう

エリア/月出エリア
作品No./月出-2
作品設置場所/月出工舎
出身国・在住国/日本
制作年/2017(新作)
状態/制作中
プロフィール/http://www.okahiromi.com/

前回の芸術祭では、プール全面に藍で染めた布の作品を発表した作家が、今回は月出工舎2Fの展示空間に新作を発表する。
会期中、染色や版画のワークショップを行う。

岡田杏里
脳内原始旅vol.2

エリア/月出エリア
作品No./月出-3
作品設置場所/月出工舎
出身国・在住国/日本
制作年/2017(新作)
状態/制作中
プロフィール/http://anriokada.wixsite.com/anri-okada

メキシコを拠点に創作活動を行う作家が、原始的な感覚や人々の記憶、森羅万象の旅といった意味を込めた作品を発表する。
会期中、お面づくりのワークショップを行う。

塩月洋生
閒(あわい)

エリア/月出エリア
作品No./月出-4
作品設置場所/月出工舎
出身国・在住国/日本
制作年/2017(新作)
状態/制作中
プロフィール/http://www.ku-sumu.com

前回の芸術祭から、月出工舎のエントランスに地元の土・藁・竹でつくっている巨大な土壁作品を完成させる。
会期中、つるぴか泥だんごをつくるワークショップを行う。

鈴村敦夫
つながる波紋

エリア/月出エリア
作品No./月出-5
作品設置場所/月出工舎
出身国・在住国/日本
制作年/2017(新作)
状態/制作中
プロフィール/http://atsuosuzumura.com

月出工舎の正門に、生命の源である「水」をテーマにしたモザイクの新作が恒久設置される。
会期中、モザイクアートに挑戦できるワークショップを行う。

チョウハシトオル
火処の大屋根

エリア/月出エリア
作品No./月出-6
作品設置場所/月出工舎
出身国・在住国/日本
制作年/2017(新作)
状態/制作中
プロフィール/http://www.yakiimo-biyori.com

前回の芸術祭で、月出工舎の校庭にかまどの作品「火処」をつくった作家が、今回は、「火処」の大屋根づくりに挑む。
会期中、火と食をテーマにしたワークショップを行う。

風景と食設計室 ホー
月出る処、今と昔 vol.2 ~月出への手紙~

エリア/月出エリア
作品No./月出-7
作品設置場所/月出工舎
出身国・在住国/日本
制作年/2017(新作)
状態/制作中
プロフィール/http://hoooooooooooo-blog.tumblr.com

前回の芸術祭で発表した作品の続編として、参加型インスタレーション作品を月出工舎1F食の工房につくる。
会期中、「朗読と食事の会」がパフォーマンス形式で行われる。

舞踏団トンデ空静
舞踏公演「ばけのかわ」、門付け行脚「ちょぼくれ」

エリア/月出エリア
作品No./月出-8E
作品設置場所/月出工舎 ほか
出身国・在住国/日本
制作年/2017(新作)
状態/制作中
プロフィール/http://www.tondekarashizuka.com

東京湾のコンビナート郡から養老渓谷の水源地まで養老川に沿って門付け行脚をする。珍道中の果てにたどり着く月出の杜では、野外舞踏公演を行う。何しろ笑えるドキュメンタリー歌舞SHOW!!

ニワコヤ
月出のニワコヤ

エリア/月出エリア
作品設置場所/月出工舎
出身国・在住国/日本
営業日時/4月13日(木)~5月13日(土)の木~日、および5月1日(月)~3日(水祝)、いずれも10:00~17:00(5月5日(金祝)、6日(土)を除く)
プロフィール/http://niwacoya.com

東京・仙川のギャラリーカフェ「ニワコヤ」が月出に丸ごとお引っ越し。
アートと人が交差する場が現れる。
開幕日と閉幕日には誰もが参加できる「つどう しゃべる たべる つづく」のイベントが行われる。 

月崎エリア

木村崇人
森ラジオ ステーション×森遊会

エリア/月崎エリア
作品No./月崎-1
作品設置場所/月崎駅前
出身国・在住国/日本
制作年/2014(既存作品)
状態/公開中

小湊鐵道のかつての詰所小屋を森に見立てた作品。外観は苔と山野草で覆われ、季節の移り変わりとともに変化する。芸術祭後も有志団体によって植物の手入れと維持管理が行われ、多様な人びとが集う場となった。
2017年はラジオ機能を復活させる。会期中は、作家による森を遊ぶワークショップが開催される。

小沢敦志
地熱の扉

エリア/月崎エリア
作品No./月崎-2
作品設置場所/いちはらクオードの森
出身国・在住国/日本
制作年/2017(新作)
状態/制作中

市原市内で集めた無数の鉄製品の廃材を使って、大型の野外展示作品を制作する。

栗田宏武
田舎暮らし

エリア/月崎エリア
作品No./月崎-3
作品設置場所/いちはらクオードの森
出身国・在住国/日本
制作年/2017(新作)
状態/制作中

都会から田舎へ移り住んできた老夫婦とその周りを取り囲む小動物たちをチェーンソーカービングで制作する作品。

白鳥エリア

CLIP
森の入口

エリア/白鳥エリア
作品No./白鳥-1
作品設置場所/上総大久保駅
出身国・在住国/日本
制作年/2014(既存作品)
状態/公開中

上総大久保駅前の森を背後に、まるで森に導くかのようなデザインと奥行をもったトイレ。通路の先には使われなくなった小湊鐵道の枕木が道しるべのように置かれている。小湊鐵道の駅舎トイレ立て替え事業の一環で制作された作品。トンネルのようなほの暗い通路から一変して、個室の中は白く、透明な屋根からは森の木々の緑と自然光が降りそそぐ。
素材:外壁=アルミスパンドレル、ガルバリウム鋼板波板、内壁=フレキ板 、ケイカル板 サイズ:5.3×3.7×3.5m

カルロス・ガライコア
ウェイクアップ/シティ/スリープ

エリア/白鳥エリア
作品No./白鳥-2
作品設置場所/旧白鳥小学校
出身国・在住国/キューバ
制作年/2014(既存作品)
状態/芸術祭期間中のみ公開

体験型の屋外作品として、2つの遊具が校庭に設置された。遊具の形状は作家が訪問した際の市原市の印象や、臨海工業地域の建物からインスピレーションを得ている(写真右上)。新しいものと古いものを組み合わせるため、ブランコと滑り台は市内にあった古い設備を再利用している。子どもだけでなく大人も楽しめる遊具だ。
素材:スチールにウレタン塗装、網、ポリカーボネート

地域プロジェクト

エリア/白鳥エリア
作品No./白鳥-3
作品設置場所/旧白鳥小学校
出身国・在住国/
制作年/2017(新作)
状態/制作中

地域で活躍する人々の魅力を作品展示やワークショップ、飲食などで発信する。
【現在準備中です】

中井精也
小湊鐵道100歳企画 里山写真展

エリア/白鳥エリア
作品No./白鳥-4
作品設置場所/白鳥公民館
出身国・在住国/
制作年/2017(新作)
状態/制作中

小湊鐵道創業100周年事業との連携企画。鉄道写真家として活躍されている中井精也氏による写真展。

養老渓谷エリア

鈴木ヒラク
道路

エリア/養老渓谷エリア
作品No./渓谷-1
作品設置場所/アートハウスあそうばらの谷
出身国・在住国/日本
制作年/2017(新作)
状態/制作中

会場となる古民家(アートハウスあそうばらの谷)の構造を生かし、反射板を使った複数の作品を展示する。

おもいでの家

エリア/養老渓谷エリア
作品設置場所/アートハウスあそうばらの谷
出身国・在住国/日本
営業日時/11:00~14:00(LO)/芸術祭期間中無休

JA市原市女性部による「農家レストラン」。地域のお母さんたちが旬の地元食材にこだわって、訪れた人の「おもいで」に残るようにと真心こめた食事を提供。
メニューは、養老渓谷カレー(500円)、定食(たけのこご飯と選べる小皿/1,000円/金土日祝のみ)、梨サイダー(250円)など。

SOCIAL