作家・作品

鍛治 瑞子

1981年生まれ。妹島和世+西沢立衛/SANAAにて建築設計を行った後、服飾を学び、ニューヨークにて劇場系のコスチュームデザインを行う。Atelier MIZUKO KAJI主宰。建築・服飾・舞台での経験を融合した作品づくりを行っている。

展示作品

重なりゆく記憶ー月出工舎体育館リノベーションー

作品番号 TD-6
展示会場 月出工舎
個別鑑賞料 800円(月出工舎、月出の森共通)