作家・作品

エルモ・フェアメイズ

1982年生まれ。建築デザイナー。地元の素材を使用して社会問題に関する新しい視点を生み出すため、空間と再生産プロセスの関係を研究している。最新のプロジェクトである「StagingWood」では、人間と森林のライフサイクルとの関係を調査している。
インスタレーション「Residual landscape」(2019)では、自然に対する精神的崇拝と木材の生産プロセスとの関係をより詳しく調査している。

展示作品

参考作品|GROUNDED

作品概要については、後日追加掲載いたします。