作家・作品

曽我 英子

人々の主観と社会環境を構築する要素の関係性に興味を持ち、活動をしている。「伝統的」と呼ばれる物やを考え方に着目をし、それらの背景にある文化や歴史がどのように現代に潜む問題に関連しているのか考察する。出会う人々との記憶を辿りながら制作を行い、それらを、映像、テキスト、インスタレーション作品として発表している。

© S.E.Hollowayjpg

展示作品

私たちが先先先住人と呼ばれるころ

作品番号 HS-6
展示会場 旧平三小学校
個別鑑賞料 800円(旧平三小学校共通)