作家・作品

チョアン・チーウェイ(荘志維)

​1986年、台湾の台中に生まれる。台北芸術大学新媒体芸術研究所(ニューメディアアート修士課程)及び交通大学建築研究所(修士課程)卒業。芸術と建築という二つの背景を持つ荘志維は、光と空間を用いてインタラクティブインスタレーションを創作し、人と環境の相互関係を探り極めることを得意とする。今日までの創作において、異なる分野間のすり合わせを追求し、理性と感性が並存する芸術美学を表現してきた。2013高雄アワード、2015年台北アートアワードを受賞したほか、2015年の台北デジタルアート賞、2016文化部 Made In Taiwan ─新人推薦特区に選ばれた。また、アジアコンテンポラリーアートショー(釜山市立美術館)、台湾ビエンナーレ、韓国の平昌ビエンナーレ、及び Mercedes-Benz AVANT/GARDE DIARIES 前衛芸術展への参加招聘を受けた。2014年には、トーキョーワンダーサイトのアーティストインレジデンスを、そして、現在は台北芸術大学新媒体芸術系(ニューメディアアート学科)の非常勤講師を務めている。

展示作品

鉄道上の集団記憶(仮)

過去作品

過去作品

作品概要については、後日追加掲載いたします。