記事一覧へ戻る

2015.02.06

お知らせ

いちはら名産品 リ×ミックスプロジェクトの『地銘柄パッケージ』が日本パッケージデザイン大賞2015で銅賞を受賞!

いちはらアート×ミックスの「いちはら名産品 リ×ミックスプロジェクト」で開発した、稲花酒造の地銘柄パッケージ(デザイナー:黒栁 潤 氏)が、「日本パッケージデザイン大賞2015」において、アルコール飲料部門の銅賞に選ばれました。

岩清水や市原産の米を用いた日本酒で、市原の難読地名(飯給、廿五里、海士有木、不入斗)を商品名に冠し、祭提灯のようにも見える遊び心を感じさせるパッケージになっています。

【日本パッケージデザイン大賞2015】
応募総数1430点
大賞1点、金賞11点、銀賞12点、銅賞11点、審査員特別賞1点が選ばれます。

詳しくはこちらをご覧ください。http://www.jpda.or.jp/jpda_award/2015/sokuhou/

稲花酒造の地銘柄パッケージ
SOCIAL

ホームへ戻る