記事一覧へ戻る

2014.02.13

イベント情報

いちはらアートxミックス 開催直前広報展 @渋谷ヒカリエ8/の詳細情報

toplogo

晴れたら市原、行こう!
いちはらアートxミックス 開催直前広報展 @渋谷ヒカリエ8/

会期:2月15日(土)-2月28日(金)11:00-20:00
※15日(土)は18:00より、28日(金)は18:00まで
会場:渋谷ヒカリエ8/ CUBE 1, 2, 3(東京都渋谷区渋谷2-21-1) 入場無料

140213photo-1

千葉県市原市南部エリアを舞台に、来る3月21日(金)から5月11日(日)まで、地域の資源を活かしながら、首都圏近郊都市の多くが抱える問題を一歩づつひらき、解決する―「課題解決型芸術祭」として「いちはらアートxミックス」が新たに開催されます。
開催に先立ち、いちはらアートxミックスのみどころ、楽しみ方をお伝えするプレイベントを渋谷ヒカリエ8/で開催いたします。

●参加アーティストと総合ディレクター北川フラムのクロストーク(各日18:30-20:00)
会場:渋谷ヒカリエ8/COURT
(東京都渋谷区渋谷2-21-1)入場無料・予約不要

いちはらアートXミックスで掲げる4つのキーワード 1)廃校の活用、2)小湊鐵道・乗物の活用、3)豊かな自然と食、4)アーティストの長期的な活動や異業種からの多様な人々の参加 に関するアートプロジェクトについて、総合ディレクターからの依頼や課題を、アーティストがどのように捉え解こうとしているかを語ります。

(1)2月19日(水)-曽我部昌史(建築家、みかんぐみ共同主宰)、中崎透(美術家)

140213photo-2

【クロストーク】
建築ユニットみかんぐみ、中崎透 等が関わる、2013年3月に廃校になった旧里見小学校は「子どもたちの学校から、地域の人たち全体の学校へ」というテーマで新たに地域コミュニティの拠点となるべく生まれ変わります。新たな学びの場<IAAES(Ichihara Art/Athlete Etc.School)>は大人から子どもまで、好奇心の趣くままに、アート、音楽、スポーツ、宇宙、科学、生物、農業などにかかわり、多面的に学べるアクティブな場をつくり出します。旧校舎の再生に、建築家として設計に関わるみかんぐみの曽我部昌史さんと、プログラムディレクターとして多方面とのネットワークづくりやここで行われる活動内容にかかわる中崎透さんにIAAESについてお話しいただきます。

140213photo-3

■曽我部昌史(建築家・みかんぐみ共同主宰)
1962年福岡県生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了後、伊東豊雄建築設計事務所に勤務。1995年NHK長野放送会館の設計を機に、加茂紀和子、竹内昌義、マニュエル・タルディッツらとみかんぐみを共同設立。
戸建住宅から、保育園や学校などの建築設計を中心に、家具、プロダクトやアートプロジェクトまで幅広くデザインを手がける。近年の作品は、伊那東小学校、横浜開国・開港博Y150はじまりの森、神宮前の家、下条茅葺きの塔、高松港・アート工房ベンガル島、伊吹しまづくりラボ、mAAch ecute 神田万世橋など。

140213photo-4

■中崎透(芸術家)
1976年生まれ。武蔵野美術大学大学院造形研究科博士後期課程満期単位取得退学。現在、水戸市を拠点に国内のさまざまな地で活動。2006年末より「Nadegata Instant Party」を結成し、ユニットとしても活動。2007年末より「遊戯室(中崎透+遠藤水城)」を設立し、運営に携わる。

(2)2月24日(月)-大巻伸嗣(アーティスト)、遠山正道(株式会社スマイルズ代表)
【クロストーク】
大巻伸嗣さんは養老渓谷の古民家ギャラリー「あそうばらの谷」(タイガー立石(美術家)の旧自宅兼アトリエ)でインスタレーションを発表します。かつてこの家で起きていただろう日常生活の記憶を表現し、多様な時間と空間が混在するような空間をつくり出す作品です。遠山正道さん率いる株式会社スマイルズ 生活価値拡充研究所は、市原の豊かな自然の賜物である地元産の食材を活用し、食の専門家と住民が新たなメニューを開発する「なっぱすごろくプロジェクト」を小湊鐵道の駅や、「あそうばらの谷」の旧工房をリニューアルしたレストランで展開。作品・プロジェクトについてお話いただきます。

140213photo-5

■大巻伸嗣(アーティスト)
1971年岐阜県生まれ。東京都在住。 「トーキョーワンダーウォール2000」に入選以来、『Echoes』シリーズ、『Liminal Air』、『Memorial Rebirth』(横浜トリエンナーレ 2008)など、展示空間を非日常的な世界に生まれ変わらせ、鑑賞者の身体的な感覚を呼び覚ますダイナミックなインスタレーション作品やパブリックアートを発表している。

140213photo-6

■遠山正道(株式会社スマイルズ 生活価値拡充研究所 代表取締役)
食べるスープの専門店「Soup Stock Tokyo」、ネクタイの専門ブランド「giraffe」、新しいリサイクルショップ「PASS THE BATON」、ツートーンをテーマにしたファッションブランド「my panda」等様々なジャンルの新しい価値を提案する業態を展開。「生活価値の拡充」を企業理念に掲げ、既成概念や業界の枠にとらわれず、現代の新しい生活の在り方を提案している。2013年からは「スマイルズ生活価値拡充研究所」を立ち上げ、社内の事業に留まらず、幅広い価値の提案を行っている。

(3)2月25日(火)-羊屋白玉(劇作家・演出家、劇団指輪ホテル主宰)

140213photo-7

【クロストーク】
市原市を南北に走る「小湊鐵道」。昭和の面影を残す古い車両や木造駅舎を大切に使い、その少し懐かしく、愛おしい風景は映画やCM、雑誌・写真撮影に度々登場しています。多くのファンを持つ小湊鐵道の車両や駅舎の魅力を作品に取り込み、列車そのものを乗客も参加するお芝居の舞台へ変えてしまう、「劇団指輪ホテル」を率いる羊屋白玉さんにお話しいただきます。

140213photo-8

■羊屋白玉(劇団指輪ホテル主宰)
劇団指輪ホテルは東京ベースの演劇を作るグループ。国内のみならず海外公演も行いながら、劇場ではないオルタナティブな場所の持つパワーを味方に、演劇空間の可能性を拡げている。2013年夏には、瀬戸内国際芸術祭に登場。直島の内ヶ浜海水浴場で、夕陽と潮騒の中、 せとうちの海に捧げる女性6人の物語「あんなに愛しあったのに」を上演。
Photo: Sakiko Nomura

140213photo-9

■北川フラム(中房総国際芸術祭 いちはらアート×ミックス 総合ディレクター)
アートディレクター。 1946年新潟県生まれ。東京芸術大学卒業。「アントニオ・ガウディ展」、「アパルトヘイト否!国際美術展」、「ファーレ立川アートプロジェクト」等をプロデュース。2006年、芸術選奨文部科学大臣賞(芸術振興部門)受賞。『大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ』『瀬戸内国際芸術祭』の総合ディレクターを務める。
Photo:Yuichi Noguchi

   
●参加アーティストによるワークショップや講座を開催します
会場:渋谷ヒカリエ8/ CUBE 1, 2, 3(東京都渋谷区渋谷2-21-1) 入場無料

 いちはらアート×ミックスに参加するアーティストが、それぞれの得意分野でのスクール(学校)を一足早く開講します。 また、市原湖畔美術館で作品展示をおこなう、Alfredo and Isabel Aquilizanの作品の一部となるドリームハウスの制作体験も行ないます。ぜひご参加ください。

2月16日(日) 松原東洋(トンデ空静)
タイトル:トンデ空静「STAY」と「ネタバラシworkshop」
時間:①16:30~17:30 CUBE3内をショーケースとして「STAY」を上演
   ②18:00~18:40 ワークショップ「ネタバラシWORKSHOP」
内容:①トンデ空静主宰の松原東洋と音楽監督MORIOによるデュオセッション。
   ②どんなことを考えて舞踏をやっているのか参加者と話をしたり、一緒に身体を動かしたりする。服装は自由ですが、はだしになれる格好でお越しください。

2月19日(水)下道基行
タイトル:トークイベント「過去の残り方と出会い方―Re-Fort Projectについて―」
時間:16:00-17:30
参加方法:当日開始までの事前申し込み
内容:下道基行さんは、戦争が残した建物、祖父が残した絵、旧日本植民地に残る鳥居など、常に歴史やモニュメントになりきらない過去を不在と共に視覚化し提示してみせる活動を行っています。今回は、Re-Fort Project「六本木クロッシング2013」でも発表された「Re-Fort Project」を、2004年の1回目から振り返り、3月にいちはらアートxミックスで行なわれる予定のワークショップに向けて話しをます。 http://m-shitamichi.com/refort1pho

2月22日(土) 豊福亮
タイトル:「豊福亮のデッサン教室」
時間:①13:00~14:00 ②14:00~15:00 ③15:00~16:00
参加人数:10名程度(事前申し込み、当日参加可)参加費:500円
内容:芸術家、豊福亮さんによるデッサン教室です。木炭を使って、石膏像を描きます。本格的なデッサンを気軽に体験できるチャンスです。

2月23日(日) AAA(Athlete & Agriculture Association)
①タイトル: 運動会のための「運動」
講師:中山純一(なかやまじゅんいち・アスレティックトレーナー)
時間:12:00〜13:00/15:00〜16:00
内容:つな引きや玉入れ、かけっこのための体の準備を行ないます。どなたでもご参加可能です。
②タイトル:運動会のための”旗づくり”
講師:遠山敦(とおやまあつし)
時間:13:00〜15:00
内容:旧白鳥小学校で毎週土曜日に行われる、運動会の会場に吊るす万国旗の代わりの「旗」をつくります。
あなたの作品が運動会の空から参加者を応援します!  どなたでもご参加可能です。

2月24日(月) 鈴木善雄(なっぱすごろく/山覚俵家 フードディレクション)
タイトル:自分で作る「混ぜごはん」
時間:①17:00-17:40  ②17:50-18:30  ※各回定員10名
内容:アートハウスあそうばらの谷でスマイルズ生活価値拡充研究所がプロデュースするレストラン「なっぱすごろく/山覚俵家」の料理を再現します!!
自分で作る「混ぜごはん」を実際に試食してみませんか?

2月25日(火) 羊屋白玉(劇作家・演出家・指輪ホテル主宰)
タイトル:ワークショップ「あんなに愛し合ったのに~中房総小湊鐵道篇」@渋谷ヒカリエ8/
時間:16:30~18:00
内容:指輪ホテルの「あんなに愛し合ったのに~中房総小湊鐵道篇」に関するワークショップを開催します!!

◎上記ワークショップに定員がある講座は先着順となります。
◎事前申し込みは会場で承ります。

●いちはらARTDOOR アート×アウトドア&フィットネス
日時:2月25日(火)
時間:16:45~17:30 
会場:渋谷ヒカリエ8/COURT(東京都渋谷区渋谷2-21-1)
料金:無料
参加方法:当日直接会場へ
内容:アート×ミックス期間中に開催するアウトドアプログラムの発表会を開催します!!
いちはらARTDOORは、千葉県の里山を舞台に、芸術とアウトドアスポーツをコラボレートする、新しいアウトドアスポーツイベントです。
「アート×アウトドア&フィットネス」という言葉には、「身体を動かすことを楽しみながら、里山の風景とその土地に暮らす人に触れ、のんびりした時間を過ごしてほしい!」
「自然と芸術からエネルギーをいただき、元気になってもらいたい!」そんな想いが込められています。

お問い合わせ|中房総国際芸術祭 いちはらアート×ミックス実行委員会事務局
(市原市経済部 国際芸術祭推進室)
TEL :0436-50-1160 FAX:0436-50-1303
E-mail:kokugei@city.ichihara.chiba.jp

SOCIAL

ホームへ戻る