作家・作品

マリア・ネポムセノ

1976年ブラジル、リオデジャネイロ生まれ。パルケ・ラージのビジュアルアーツスクールの無料コースにて、14歳からドローイング、絵画、彫刻、理論、工業デザインを学び始め、近年はニットの彫刻で知られている。
彼女の作品は、身体と自然、宇宙へのミクロとの関係を構築する。それは私たちの経歴や経験の記憶を作り、過去、現在、未来の間の出会いを促す。

展示作品

タイトル未定

作家によるプラン画像

作品概要については、後日追加掲載いたします。