作家・作品

ターニャ・バダニナ

1955年、ニージニイ・タギル(旧ソ連)生まれ。「白」、「光」、「天への回帰」をテーマに、油彩、グラフィック、インスタレーション等を制作し、翼や白い衣服を主題とする作品を発表してきた。バダニナによれば、「白」は、追悼、死の浄化、魂の解放、天使の色である。2013年にはヴェニス・ビエンナーレで、個展「1221 Amor」を開催「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015」では、閉校した小学校に残されていた実験道具などを利用して思い出の博物館《レミニッセンス(おぼろげな記憶)》を制作した。モスクワ在住。

展示作品

翼/門

作品概要については、後日追加掲載いたします。